「何歳になったらアンチエイジングを始めたら良いのですか?」とよく訊かれます。

人間の体は、基本的に20歳までは細胞が活発に分裂し成長していますので、20歳までは特にアンチエイジングは必要ないでしょう。

20代の間は、体の成長が終わり、心身ともに最も充実する時代になります。

医師の間では、「人間の体が最も健康で、安定している年齢は30歳」と考えられています。

 

逆にいえば、30歳を過ぎた時点で人間の体は徐々に老化していきます。

アンチエイジングをしている人と、していない人の差はここから始まるわけです。

30歳を過ぎたあたりから、「若々しい人」と「老けている人」の差が目立ちはじめるのはこのためです。

見た目の老化度は、それまでに浴びた紫外線の量で七割がた決まってしまいます。

紫外線は肌の細胞のDNAを傷つけ、このダメージの蓄積がしみ・しわ・たるみとなって現れます。

20歳くらいまでは、紫外線のダメージを回復するパワーがあるのですが、25~30歳くらいになると、そのパワーが紫外線に負けてしまうのです。

 

人間は、18歳までに生涯浴びる紫外線の50%を浴びてしまうと言われています。

しみ・しわ・たるみは、浴びてきた紫外線のダメージの「蓄積」です。

だから、「30歳までは何もしなくて良い」というわけではありません。

紫外線から肌を守ることは、子供のときから死ぬまで、生涯にわたって続けないといけないのです。

 

そして、老化の原因は「活性酸素」です。

吸った空気の2%が活性酸素となって、体内の老化と病気を引き起こします。体の外から活性酸素を増やすのが“紫外線”で、体内から活性酸素を増やすのが“乱れた食生活”と“ストレス”です。

アンチエイジングは、いかに「活性酸素」でサビつかないようにするかにかかっています。

サビつきを抑える「抗酸化物質」をきちんと摂ることと、太らないことが大切です。

 

僕が顧問をしているARGON社の『パーフェクトサプリ』には、ビタミンB群・E・コエンザイムQ10・DHA・ルテインなどのさまざまな抗酸化物質に加え、ビタミンCとりんごペクチンも一粒に含んでいます。

 

「アンチエイジングをしたいけど、食生活は乱れがち…。」という方におすすめです。

僕自身もちょうど30歳を過ぎたあたりからずっと飲まさせていただいています。

(※ARGON社のHP:http://www.argon.jpからネット直販価格にてご購入できます。)

 

“アンチエイジングを始めるにはもう遅い”という年齢はありません。たとえ70歳になってからだって、アンチエイジングをする意味はあります。ただ、アンチエイジングを始めるならば早ければ早いほど良いというだけです。

 

澤田彰史 医師

【著者プロフィール】

東京警察病院医師。 NPO法人日本サプリメント評議会評議員、日本抗加齢医学会認定専門医。 警察病院以外の医療機関でも、外科手術から寝たきり老人の訪問診療まで、幅広く医療に従事している。

日テレ「世界一受けたい授業!」、NHK「女神ビジュアル」のなどの番組のほか、「美ST」「日経ウーマン」「夕刊フジ」のアンチエイジングの記事も担当。

また、「賢くむだなく、シンプル・アンチエイジング」をテーマに、ドクターズコスメやサプリのPB版を企画・開発するARGON Co.Ltdの開発顧問医も務める。

ARGON社のホームページ:http://www.argon.jp


The following two tabs change content below.
澤田 彰史

澤田 彰史

著書『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)https://www.php.co.jp/books/ detail.php?isbn=978-4-569- 81899-3
東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医、 日本形成外科学会専門医、 NPO法人日本サプリメント評議会評議員。 東京警察病院以外にもさまざまな医療機関にて、 美容から寝たきり老人の訪問診療まで幅広く医療に従事。NTV『 世界一受けたい授業』等、テレビ出演多数。
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX