ドイツ国家公認宝飾細工師マイスターの武市知子(SATOKO)です。

イースターは、復活祭、とも呼ばれ、受難したイエス・キリストの復活を記念する祝い日ですが、キリスト教的には、クリスマスより意味があるとされ、ヨーロッパではとても重要な行事のひとつです。

イースターのシンボルのひとつである、卵は、イースターエッグ(ドイツ語では、オースタンアイ)と呼ばれ、この時期になると、ネコヤナギなどの枝には、装飾された卵の飾りを下げられ、まだ木々の芽吹きも寂しい風景にいち早く春の訪れを知らせてくれるかのようです。
この際に、木につり下げるのは、卵の殻に奇麗な模様が施されているもの、ガラス、陶器、などが一般的ですが、イースターエッグでもうひとつ有名なのは、ファバジェエッグ、でしょう。
これは、ロシアはサンクトペテルブルクのジュエラー、カール・ペーター・ファバジェによって制作された宝石で装飾されたイースターエッグで、1885年から1917年につくられていました。
ロシア皇帝などの為につくられていたこのイースターエッグは、ゴールド、プラチナ、ダイヤなどの宝石と貴金属がふんだんに使われて、なかから小鳥が飛び出したり、回転したり、、、と装飾が美しいこともさながら、その細工の仕掛けと精巧さでも、宝飾細工の頂点、とも呼ばれています。
(因に、ドイツ国内では、バーデン・バーデンのファバジェミュージアムに、約700点展示されており、その素晴らしさを堪能することが出来ます。)
宝石がちりばめられたバージョンから、チョコレートまで。
卵は、イースターには、かかせないアイテムなのですね。
ミュンヘンから愛をこめて

ジュエリー宝飾作家/ドイツ国家公認宝飾細工師マイスター
武市知子

ドイツ在住

terra auri

innere wiener str.5/b
81667 munich
germany

www.terraauri.com

The following two tabs change content below.
SATOKO

SATOKO

武市知子 (Satoko Takeichi) 【資格・免許】 ドイツ国家公認宝飾細工師マイスター 【役職】 バイエルン州金細工師協会本会員 terra auri jewellery art 代表
SATOKO

最新記事 by SATOKO (全て見る)

 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX