前回は、コラーゲンを飲むならビタミンCをいっしょに飲むことも忘れずに!というお話でしたね。コラーゲンは、胃腸でアミノ酸に分解されてしまうため、皮膚までやってこないからです。
皮膚で、アミノ酸から再びコラーゲンを合成させるためには、ビタミンCが必要なのです。だから、コラーゲンドリンクとビタミンCは必ずセットで飲んだ方が良いのです。

では、肌に直接コラーゲンを増やす方法はないのでしょうか…?
コラーゲンがたっぷりあって、肌のハリやツヤの良い人を真似れば良いのです。肌のきれいな人といえば、やはり温泉地にいて、毎日のように温泉に浸かっている人たちですね。
温泉地の方々はなぜあんなに肌がきれいなのでしょうか?

それは、温泉の弱アルカリによって、余計な角質が溶かされているからです。
余計な角質が取れると、下から新しい皮膚が再生され、皮膚が生まれ変わるのです。このように、余計な角質を溶かすことを、「ピーリング(はぐ、そぐ)」と言います。
温泉地の方々は毎日、ピーリングされているのですね。
こうしたピーリング効果を、医療施設などで化学的に行なうことを、「ケミカルピーリング」と言います。医療施設などのケミカルピーリングに使われている「グリコール酸」という成分には、コラーゲンを増やす作用もあります。
肌に良いだけではなく、ニキビにもテキメンに効果を発揮しますが、即効性があるわけではなく、何度も通院して受けないといけないですし、一回およそ5000円程度と決して安いものではありません。
ARGON社では、家庭で手軽にケミカルピーリングができるよう、グリコール酸を使用した家庭用ピーリングソープ『Pro-PEELソープ』も販売しています。約50回分入っていて3990円ですので、「ケミカルピーリングしたいけど、高いし、通院がめんどう…。」という方にもとてもおすすめです。
4000年前、クレオパトラはすでにピーリングをしていたと言われています。僕たち現代人も負けずにリーズナブルにピーリングしたいですね。

(※ARGON製品はPC用HP→www.argon.jpからのネット直販のみとなります。)


The following two tabs change content below.
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX