日本人は、世界中の本マグロの80%を消費するくらい、マグロが大好きな民族です。

本マグロは、口を開けたまま時速150㎞で泳ぎ、エラを通過する水から酸素を取り入れて呼吸しているため、泳ぐのをやめると死んでしまうと言われています。

そんな過酷な運動を支える筋肉には、良質なたんぱく質、タウリン、鉄分、そしてDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)が豊富に含まれています。

特にDHAとEPAは血液サラサラ効果や体のサビつき予防効果があり、心筋梗塞やアルツハイマー病の予防にも最適です。

 

ところが、本マグロのトロの部分には“メチル水銀”が多く含まれていることがわかってきました。

メチル水銀が人間の体内にたまるとどんなことが起きるのでしょうか。

 

ひどい場合ですと水俣病が有名ですが、免疫力の低下、慢性疲労、慢性頭痛、心筋梗塞などの原因にもなり、EPAやDHAとはまったく逆に細胞をサビつかせることがわかっています。そして、不妊の原因にもなります。

このため、『妊娠の可能性のある若い女性は、一週間に80g以上の本マグロは食べてはいけない』と発表されています。80gというと、マグロの握り寿司をわずか5~6個分です。

 

残念ながら、日本人は欧米人に比べて10倍以上のメチル水銀が体にたまっています。

しかも、県別に見ると、本マグロの消費量の多い県ほど水銀の蓄積量が多いというデータが出ています。

せっかく本マグロでDHAやEPAを摂取しても、同時にメチル水銀もたまってしまっては意味がありません。

 

体に入ったメチル水銀を排出させるのは、ビタミンCやE、Mg、Ca、亜鉛などです。

本マグロを食べたいのなら、ビタミンCやEが豊富な野菜や果物をきちんと食べるか、サプリメントを飲むと良いでしょう。

または、本マグロを食べる量を減らしDHAやEPAそのものをサプリで摂取するのも手です。

 

僕が顧問をしているARGON社『パーフェクトサプリ』は、ビタミンA・B群・C・D・Eのほか、DHA、コエンザイムQ10、トマトリコピン、葉酸、ナイアシン、ポリフェノール、食物センイ『りんごペクチン』…などのあらゆる抗酸化物質がたった一粒にギュッとつまって、月額7500円と比較的買いやすい値段になっています。

僕自身もマグロは大好きなので、2007年の発売以来ずっと飲ませていただいています。

美肌やアンチエイジングをめざす人のみならず、「アンチエイジングのためにサプリを飲みたいけど、何を飲んだら良いのかわからない…。」という人にもおすすめです。

(※ARGON社のPC用HP:www.argon.jpからネット直販価格にて購入できます。)

 

澤田彰史 医師

【著者プロフィール】

東京警察病院医師。 NPO法人日本サプリメント評議会評議員、日本抗加齢医学会認定専門医。 警察病院以外の医療機関でも、外科手術から寝たきり老人の訪問診療まで、幅広く医療に従事している。

日テレ「世界一受けたい授業!」、NHK「女神ビジュアル」のなどの番組のほか、「美ST」「日経ウーマン」「夕刊フジ」のアンチエイジングの記事も担当。

また、「賢くむだなく、シンプル・アンチエイジング」をテーマに、ドクターズコスメやサプリのPB版を企画・開発するARGON Co.Ltdの開発顧問医も務める。

ARGON社のホームページ:http://www.argon.jp


The following two tabs change content below.
澤田 彰史

澤田 彰史

著書『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)https://www.php.co.jp/books/ detail.php?isbn=978-4-569- 81899-3
東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医、 日本形成外科学会専門医、 NPO法人日本サプリメント評議会評議員。 東京警察病院以外にもさまざまな医療機関にて、 美容から寝たきり老人の訪問診療まで幅広く医療に従事。NTV『 世界一受けたい授業』等、テレビ出演多数。
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX