見た目の老化スピードは、その人が浴びた紫外線の量で7割がた決まってしまいます。

しかし、紫外線について意外と知られていないことがたくさんあります。

 

まず、紫外線にはUVAとUVBの二種類があります。波長が長いのがUVAで、波長が短いのがUVBです。波長が短いUVBは皮膚の深い層へは届かないものも、皮膚に対する有害作用が強く、しみ皮膚がんの原因となります。

UVBをどれくらいカットできるかを表す数字が“SPF”で、UVAをどれくらいカットできるかを表す数字が“SPA+”などと表示されるのですが、SPFのほうが注目されるのはこのためです。

では、UVAは気にしなくて良いのかというと、そんなことはありません。地球に降り注ぐ紫外線量としては、UVAはUVBの30倍ほどになります。また、UVBはガラスや雲でカットされますが、UVAは窓ガラスや雲もお構いなしで貫通します。そして、皮膚の奥までつきささり、コラーゲンを破壊してしわの原因となります。また、皮膚の中に“活性酸素”を増やし、老化を進行させてしまいます。

 

また、UVAとUVBが同時にあたると、悪い相乗効果でよりダメージが増すことがわかっています。

 

結局のところ、UVAもUVBも同じくらい有害ということなのです。また、曇りの日でも快晴の日の60%の紫外線が降り注いできています。

 

紫外線によるダメージ = 紫外線量 × 浴びた時間

 

で決まります。そのため、紫外線の量が半分の曇りの日でも、二倍の時間浴びてしまえばダメージは同じです。夏でも冬でも、快晴でも曇りでも365日紫外線ケアが必要なのはこのためです。

 

やはり日焼け止めが重要になってくるのですが、汗で流れ落ちてしまうこと忘れずに!

長時間外にいる場合は、SPF50の強いものを塗って安心するのではなく、SPF20~30くらいのもので良いので2~3時間おきに塗り直すことが大切です。

 

紫外線のダメージを修復してくれるのが、ドクターズコスメなどに含まれる『ビタミン誘導体』です。

 

僕が顧問をしているARGON社『Pro-VCローション』『Pro-ACEクリーム』は、高級ドクターズコスメと同様のVCIPなどの『ビタミン誘導体』が入っていながら、通常よりもリーズナブルな価格になっています。

激安とまでは言えませんが、「肌のアンチエイジングはしたいけど、あまりお金はかけられない…。」というコスパ重視の方におすすめです。

僕自身も、すでに6年以上これでアンチエイジングを続けています。ARGON『Pro-VCローション』ARGON『Pro-ACEクリーム』

(※ARGON社のHP:http://www.argon.jpからネット直販価格にてご購入できます。)

 

 

澤田彰史 医師

【著者プロフィール】 東京警察病院医師。 NPO法人日本サプリメント評議会評議員、日本抗加齢医学会認定専門医。 警察病院以外の医療機関でも、外科手術から寝たきり老人の訪問診療まで、幅広く医療に従事している。 日テレ「世界一受けたい授業!」やNHK-BSプレミアム「女神ビジュアル」などのテレビ出演のほか、「美STORY」「日経ウーマン」のアンチエイジングの記事も担当。

 


The following two tabs change content below.
澤田 彰史

澤田 彰史

著書『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)https://www.php.co.jp/books/ detail.php?isbn=978-4-569- 81899-3
東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医、 日本形成外科学会専門医、 NPO法人日本サプリメント評議会評議員。 東京警察病院以外にもさまざまな医療機関にて、 美容から寝たきり老人の訪問診療まで幅広く医療に従事。NTV『 世界一受けたい授業』等、テレビ出演多数。
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX