7~8月の真夏しか日焼け止めを塗らない人が多いですが、実はこれはよくありません。

一年の中で真夏に紫外線が最も強いのは確かですが、9~10月でももちろん紫外線は降り注いでいます。

どれくらいの紫外線が降り注いているかというと、実は真夏の40~70%に相当する量です。

 

特に、秋は行楽シーズンなので外出する機会が増えますね。たとえ、紫外線の量が真夏の半分であったとしても、2倍長い時間にわたって太陽の下にいればダメージは同じです。しかも日焼け止めを塗っていなかったら、皮膚へのダメージはもっと大きくなります。

 

シミやしわ・たるみといった皮膚の老化現象がどれくらいのスピードで進行するかは、その人が浴びた紫外線の総量で8割がた決まります。

紫外線が皮膚のDNAにダメージをあたえ、コラーゲンを破壊し、シミ・しわの原因になるからです。

たとえば真夏の昼間ですと、一日3分間以上日焼け止めなしで紫外線を浴びるだけで、皮膚の老化が進行すると言われています。

 

さらに、紫外線のダメージは年々確実に蓄積されていきます。しかし、その蓄積がはっきりとは目に見えないところが紫外線のこわいところです。

毎日顔を合わせている人だと、老化していくのはあまりよくわかりません。ところが、同窓会などで数年ぶりに会う友人などだと、老化しているのがわかりますね。

あなたは、同窓会で“老け組”になりたいですか?

 

老化も病気も、予防に勝るものはありません。日々の紫外線ケアの積み重ねの差が、のちのちの“見た目の老化の差”となってあらわれます。

たとえ、9月になっても紫外線ケアはしっかり続けましょう。

 

紫外線による皮膚のダメージを外側から回復するのが“ビタミンC誘導体”であり、体の内側から紫外線のダメージを回復するのが“抗酸化物質”です。

抗酸化物質とは、ビタミンC・E、コエンザイムQ10、トマトリコピン、βカロテン、イソフラボン、クルクミンなどで、野菜や果物に多く含まれています。

 

夏の紫外線ダメージを回復するために、秋は旬の野菜や果物を多く摂るようにしましょう。

 

 

僕が顧問をしているARGON社『Pro-VCローション』『Pro-ACEクリーム』は、高級ドクターズコスメと同様の『ビタミンC誘導体』が入っていながら、通常よりもリーズナブルな価格になっています。

激安とまでは言えませんが、「肌のアンチエイジングはしたいけど、あまりお金はかけられない…。」というコスパ重視の方におすすめです。

僕自身も、すでに6年以上これでアンチエイジングを続けさせていただいています。ARGON『Pro-VCローション』ARGON『Pro-ACEクリーム』

(※ARGON社のHP:http://www.argon.jpからネット直販価格にてご購入できます。)

 

 

澤田彰史 医師

【著者プロフィール】 東京警察病院医師。 NPO法人日本サプリメント評議会評議員、日本抗加齢医学会認定専門医。

警察病院以外の医療機関でも、外科手術から寝たきり老人の訪問診療まで、幅広く医療に従事している。 日テレ「世界一受けたい授業!」、NHK-BSプレミアム「女神ビジュアル」、TBS「はなまるマーケット」などのテレビ出演のほか、「美STORY」「日経ウーマン」のアンチエイジングの記事も担当。

また、“賢くむだなくシンプル・アンチエイジング”をモットーに、ドクターズコスメやドクターズサプリの企画開発を行なう『ARGON Co.Ltd』の顧問も務めている。


The following two tabs change content below.
澤田 彰史

澤田 彰史

著書『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)https://www.php.co.jp/books/ detail.php?isbn=978-4-569- 81899-3
東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医、 日本形成外科学会専門医、 NPO法人日本サプリメント評議会評議員。 東京警察病院以外にもさまざまな医療機関にて、 美容から寝たきり老人の訪問診療まで幅広く医療に従事。NTV『 世界一受けたい授業』等、テレビ出演多数。
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX