和食には、大根おろしがついているものが多いですね。

焼き魚やシラスにもついてきますし、天ぷらやから揚げ・揚げ出し豆腐などの揚げ物にもついてきますし、和風ハンバーグ、そば・うどん、鍋、刺身にまで大根おろしがついてきます。

もちろん、単純に美味しいから大根おろしをかけるわけですが、それ以外にも理由はないのでしょうか?

 

もちろんあります。

 

①第一の理由は、胃腸にとてもやさしい点です。

大根おろしには、タンパク質や脂肪・炭水化物の消化を助ける「消化酵素」がたくさん入っているのです。

だから、お肉や魚といっしょに食べると、単品で食べるよりも胃腸の負担を軽減できるというわけです。

 

②第二の理由は、食物センイをたっぷり含んでいる点です。

食物センイは、コレステロールや糖質の吸収を下げます。

つまり、揚げ物やお肉など、脂肪分の高いものといっしょに食べれば、単品で食べるよりもコレステロールがあがりにくくなるのです。

また、糖質の吸収も阻害されるため、単品で炭水化物を食べるよりも大根おろしと一緒に食べた方が太りにくいのです

 

③第三の理由は、ビタミンCをたっぷり含んでいる点です。

体の老化の原因はからだのサビつきです。サビつきを防いでくれる物質を「抗酸化物質」と言いますが、その代表がビタミンCなのです。

お肉や魚料理には、とうぜんビタミンCはほとんどありません。

ビタミンCは野菜や果物からとらないといけないわけですが、タンパク質にくらべて、野菜は不足しがちです。

大根ももちろん野菜ですし、熱が通っていないのでビタミンCも壊れていません。

だから、大根おろしでビタミンCがたっぷり補えるのです。

 

こういった和食の伝統のひとつひとつが、アンチエイジングにつながります。

和食が全世界から「究極の健康食」と賞賛されるゆえんです。

美容やアンチエイジングのために、伝統的な和食スタイルを大切にしたいものですね。

 

かくいう僕自身は食生活がみだれがちのため、顧問をしているARGON社『パーフェクトサプリ+』をずっと飲まさせていただいています。

体のサビつきをおさえるビタミンB群・C・D・E、コエンザイムQ10、トマトリコピン、葉酸、ナイアシン、DHA、αリポ酸、ルテインにくわえ、今話題のアスタキサンチン・クルクミン・大豆イソフラボンまで、18種類の抗酸化物質がギュッと一粒につまっています。

これらの成分をバラバラで購入すれば2万円近くになりますが『パーフェクトサプリ+』ならば一か月あたり6600円で済みます。

 

「美肌やアンチエイジングに良いサプリを飲みたいけど、何を飲んだら良いのかわからない!」という人におすすめです。

(※ARGON社のHP:http://www.argon.jpからネット直販価格にてご注文できます。)

 

 

澤田彰史 医師

【著者プロフィール】 東京警察病院医師。 NPO法人日本サプリメント評議会評議員、日本抗加齢医学会認定専門医。

日テレ「世界一受けたい授業!」、NHK-BSプレミアム「女神ビジュアル」、TBS「はなまるマーケット」、テレビ朝日「モーニングバード」どのテレビ出演のほか、「美ST」「日経ウーマン」「週刊女性」「日刊ゲンダイ」のアンチエイジングの記事も担当。

また“賢くむだなくシンプル・アンチエイジング”をモットーに、ドクターズコスメドクターズサプリの企画開発を行なう『ARGON Co.Ltd』の顧問も務めている。


The following two tabs change content below.
澤田 彰史

澤田 彰史

著書『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)https://www.php.co.jp/books/ detail.php?isbn=978-4-569- 81899-3
東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医、 日本形成外科学会専門医、 NPO法人日本サプリメント評議会評議員。 東京警察病院以外にもさまざまな医療機関にて、 美容から寝たきり老人の訪問診療まで幅広く医療に従事。NTV『 世界一受けたい授業』等、テレビ出演多数。
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX