“植物性○○”と言われると、なぜか安心で安全のような気がしてしまいますね。しかし、そこには大きな落とし穴があることがあります。

 

たとえば、最近ですと「プエラリア」や「ガウクルア」を主成分とする健康食品をときどき見かけます。これらは“プエラリア・ミリフィカ”という植物素材を配合し、「豊胸」「美肌」「若返り」「更年期障害の改善」などの効果がうたい文句になっています。

プエラリア・ミリフィカには女性ホルモンと同じ作用をする物質が多く含まれているので、それがこれらのうたい文句の根拠となっているようです。

 

プエラリア・ミリフィカは、タイ北部のマメ科の植物で、タイでは“白ガウクルア”と呼ばれます。

デオキシミロエステロール、ミロエステロール、ダイゼイン、プエラリン、クメステロールといった、エストロゲン(女性ホルモン)作用の強い成分が多く含まれています。これらを総称して、“植物性エストロゲン”と言います。

これらの成分は本当に効果があるのでしょうか?また、そもそも安全なのでしょうか?

 

実際、プエラリア・ミリフィカによって、善玉コレステロールが上がり悪玉コレステロールが下がったという報告や、更年期症状が緩和されたという報告はあります。

しかし、プエラリア・ミリフィカによって肝機能障害を起こし死亡した例や、動物実験でプエラリア・ミリフィカが乳がん細胞の増殖を亢進させたという報告もあるのです。

 

プエラリア・ミリフィカを含んだ健康食品は多く出回っており、規格や品質の異なる多くのものがあるため、誰でも同じような効果が期待できるとは言えません。しかも、エストロゲン作用も個人差が大きく、逆に効果が過剰に現れてしまう人が出てくる可能性もあります。

プエラリア・ミリフィカは“植物性”でありながら、現時点では安全な摂取量も不明ですし、有効性も不明です。女性ホルモン作用が非常に強いことがその原因で、少なくとも妊娠中・授乳中の女性や、小児の利用は避けた方が良いでしょう。

 

それに比べて、大豆イソフラボンは女性ホルモン作用が1/4から1/20と穏やかで乳がんを予防する作用や心筋梗塞を予する作用があることがわかっています。

そのため、アンチエイジングには大豆イソフラボンのほうがはるかにおすすめです

 

“植物性なら安心”という安易なイメージや宣伝文句にまどわされず、正しい知識を持ってアンチエイジングしましょう。

 

 

僕自身も食生活がみだれがちのため、顧問をしているARGON社『パーフェクトサプリ+』をずっと飲んでいます。

体のサビつきをおさえるビタミンB群・C・D・E、コエンザイムQ10、トマトリコピン、葉酸、ナイアシン、DHA、αリポ酸、ルテインにくわえ、今話題のアスタキサンチン・クルクミン・大豆イソフラボンまで、18種類の抗酸化物質がギュッと一粒につまっています。

これらの成分をバラバラで購入すれば2万円近くになりますが『パーフェクトサプリ+』ならば一か月あたり6600円で済みます。

また、NPO法人日本サプリメント評議会から“安心安全マーク”も取得しています。

 

「美肌やアンチエイジングに良いサプリを飲みたいけど、何を飲んだら良いのかわからない!」という人におすすめです。

(※ARGON社のHP:http://www.argon.jpからネット直販価格にてご注文できます。)

 

 

澤田彰史 医師

【著者プロフィール】 東京警察病院医師。 NPO法人日本サプリメント評議会評議員、日本抗加齢医学会認定専門医。

日テレ「世界一受けたい授業!」、NHK-BSプレミアム「女神ビジュアル」、TBS「はなまるマーケット」、テレビ朝日「モーニングバード」どのテレビ出演のほか、「美ST」「日経ウーマン」「週刊女性」「日刊ゲンダイ」のアンチエイジングの記事も担当。

また“賢くむだなくシンプル・アンチエイジング”をモットーに、ドクターズコスメドクターズサプリの企画開発を行なう『ARGON Co.Ltd』の顧問も務めている。


The following two tabs change content below.
澤田 彰史

澤田 彰史

著書『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)https://www.php.co.jp/books/ detail.php?isbn=978-4-569- 81899-3
東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医、 日本形成外科学会専門医、 NPO法人日本サプリメント評議会評議員。 東京警察病院以外にもさまざまな医療機関にて、 美容から寝たきり老人の訪問診療まで幅広く医療に従事。NTV『 世界一受けたい授業』等、テレビ出演多数。
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX